アクセスカウンター

 

関連するリンクページ

書籍紹介トップページ
サイトのトップページ

ほぼ毎日更新の雑感「ウエイ」
作家別目次ページ

 

佐伯泰英
yasuhide saeki

浮世小路の姉妹

日本橋に近い浮世小路。加賀から出てきた祖先が立てた料理屋「うきよしょうじ」。何者かに火をつけられ店は全焼した。主夫妻も亡くなった。火事場に出動した火消のい組。見習いの昇吉は燃え盛る火の中に飛び込み、奉公人や主の娘たちを避難誘導した。その時の縁で昇吉は佳世と澄の姉妹を覚えていた。良心を火事で失った二人を気遣う。持ち場の店を調べるように若頭から言われた昇吉は界隈を探索するうちに、うきよしょうじがいつまで経っても再開されないことを訝った。そのことを若頭に報告した昇吉。若頭から火付けに隠された真実を探るように内命を受ける。い組を離れ、幼馴染たちと探索を続けるうちに昇吉は料理屋の主夫妻は火付けのさなかにすでに殺されていた事実をつかむ

2022.7.27)光文社74020226

出絞と花かんざし

京都に近い北山郷。磨丸太の産地として古くから重宝されていた。鴨川の源流で水守りをしていた父の岩男と二人暮らしのかえで。山稼ぎの頭の三男、萬吉。ふたりはいとこ同士だったが、幼い頃からお互いに助け合って生きていた。宮大工になるために都に修行に出た萬吉。その数年後、飾り職人になるためにかえでも村を離れた

2021.8.6)光文社 680円(2021.6

初詣

照降町四季シリーズ

新酒番船

新酒番船シリーズ


悲愁の剣

長崎絵師通吏辰次郎シリーズ


橘花の仇

鎌倉河岸捕物控シリーズ


血に非ず

新・古着屋総兵衛シリーズ


死闘

古着屋総兵衛シリーズ


変化

交代寄合伊那衆異聞シリーズ


御槍拝借

酔いどれ小籐次留書シリーズ


陽炎ノ辻

居眠り磐音 江戸双紙シリーズ


流離

吉原裏同心シリーズ


八州狩り

狩りシリーズ


見参!寒月霞斬り

密命シリーズ


雪割り

秘剣シリーズ


異風者

肥後人吉藩の彦根源二郎は、婿入りした数馬家で祝言の夜に家老から呼び出された。藩内を牛耳る門葉一派の不正をつかんだ実吉家老を安全に江戸まで送り届ける役目を命じられた。門葉一派の追手を次々と斃し、無事に家老を江戸まで送り届けた源二郎は、殿様から褒美をもらう。無事に国元に戻って、門葉らの粛清が行われた。祝言の夜に呼び出されたままの新居に戻ると、一家が惨殺されていた。源二郎は義父や妻の仇討ちを申し出て、全国を旅することになった。 (2016.11.27) 角川春樹事務所 20005 680


ダブルシティ

新宿で清掃車が爆破される事件が起こった。清掃員を含め、多くの死傷者が出た。その後も清掃車が爆破される事件が続いた。ごみ収集に携わる業者は安全が保障されるまで収集をしないことにした。日に日に、都内にはゴミがあふれていく。花島都知事が現状を憂う視察をしていた。都営バスに乗って都民感覚のパフォーマンスを演じた。その都営バスには花島都知事の誘拐犯が乗っていた。一般客を含め、誘拐犯は東京都の地下深くに造営されているトーキオという地下都市へと向かった。川端首相をはじめとする政府は、犯人からの100億円の要求を受け入れる。 (2015.7.4) 祥伝社文庫 20083 600


アクセスカウンター