アクセスカウンター
関連するリンクページ

作家別書籍紹介..新着10.14
読書履歴(携帯対応)
サイトのトップページ
ほぼ毎日更新の雑感「ウエイ」
読書履歴(エクセル)
新着情報...西村京太郎(欲望の街東京:読了)
七十年後の殺人
西村京太郎著
祥伝社文庫 2017年9月 590円
十津川警部は妻と休暇をとって野尻湖に来ていた。そこで不思議な石碑を発見した。その夜、知り合いの民宿で寝ていると大きな爆発音がして目覚めた。調べてみると不思議な石碑が木っ端微塵になっていた。翌朝、その民宿へかつての大学時代の恩師が突然訪ねてきた。 (2018.11.21)
夏の雪
新・酔いどれ小籐次12
佐伯泰英著
文春文庫2018年8月740円
徳川将軍に拝謁した小籐次親子。小籐次は将軍の前で大酒のみっぷりを披露した。剣術の腕前をお庭番と競わせられることを避けるための判断だった。その結果、望外川荘には各大名らから多くの四斗樽が届けられた。小籐次は届けられた四斗樽を酒問屋に売り払い、大川の花火大会へ役立てることを考えた。 (2018.9/1.29)
忍びの女・下
池波正太郎著
講談社文庫 2007年1月 781円
秀吉が亡くなった後、ついに徳川家康は豊臣家を守るという名目で大軍を動かし始めた。まずは上州の上杉家を滅ぼすために軍を動かした。それに呼応するかのように京都では石田三成が家康に刃を向けた。 (2018.5.27)