アクセスカウンター

 

最新の読了

 

梅咲きぬ

 

山本一力

 

文春文庫 20079月 560

 

深川の老舗料亭、江戸屋。女将は代々秀弥を名乗った。三代目秀弥を母に持つ玉枝は幼い頃から人としての躾を教わりながら育った。三代目は若くしてサバの味醂干しにあたったことがきっかけで衰弱して亡くなった。わずか15歳で江戸屋の女将になった四代目秀弥。踊りのおっしゃんの春雅と夫の福松に孫のように育てられた。店では仲居頭の市弥と板長の謙蔵によって、女将としての生き方を習った

2021.10.23

 

作家別書籍紹介


読書履歴(携帯対応)


サイトのトップページ


読書履歴(エクセル)